【最新刊】僕たちは愛されることを教わってきたはずだったのに (角川ebook)

僕たちは愛されることを教わってきたはずだったのに (角川ebook)

1冊

著者:二村ヒトシ

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

    「モテ」と「性」の伝道師、二村ヒトシが大島弓子、美内すずえなど往年の名作マンガを読み解き、遂には愛に目覚める!?愛し愛されて生きるためのヒントをAV監督と探っていく画期的な書。※本書は2017年7月29日に配信を開始した単行本「僕たちは愛されることを教わってきたはずだったのに」をレーベル変更した作品です。(内容に変更はありませんのでご注意ください)

    続きを読む
    提供開始日
    2018/10/05
    連載誌/レーベル
    角川ebook
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/01/16Posted by ブクログ

      少女漫画に出てくる登場人物達の自意識とその背景にある「心の穴」を分析した本。

      その分析を通じて、自分が抱えている自意識と「心の穴」がどういうものなのか、を把握する手がかりになる本でもあります。

      ...

      続きを読む
    • 2017/09/06Posted by ブクログ

      “大人になるのが「現実を知る」ことだとしたら、
      じゃあ「現実」とは何だろう。
      まあ、じっさいに生きている他者と出会って、
      その心音をちゃんと聴くことだろう。”

      二村ヒトシさん著のご本を読むたびに
      ...

      続きを読む

    セーフモード