【最新刊】ファシリテーション入門<第2版>

ファシリテーション入門<第2版>

1冊

著:堀公俊

946円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    累計10万部のロングセラー、待望の新版! 本書は2004年7月に刊行した『ファシリテーション入門』の改訂版です。『ファシリテーション入門』は入門用テキストとして多くの企業や大学で採用され、当該分野の標準テキストといえるまでになりました。ファシリテーションとは、 集団による問題解決、アイデア創造、合意形成、教育・学習、変革、自己表現・成長など、あらゆる知識創造活動を支援し促進していく働きです。その役割を担う人がファシリテーターであり、日本語では「協働促進者」または「共創支援者」と呼びます。ファシリテーションの最大の特徴は、情報や意見などの内容、コンテンツではなく、進行や関係といった過程、プロセスを舵取りするところにあります。改訂版では、多彩なファシリテーションの技法や応用のなかで、すべての活動の基本となる「話し合い」(会議)のファシリテーションに焦点を当てその理論と実践スキルを紹介していきます。 最新の知見を盛り込み、第一版を全面的にアップデートしました。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/09/28

    レビュー

    4
    3
    5
    0
    4
    3
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/02/27Posted by ブクログ

      全面的なアップデートの第2版です。
      新書版のこの分量内に、これだけのものをまとめ上げるのは、さすがです。
      図を用いずに、文章だけで表現してあるところもありますが、とてもよく分かります。
      やはり、ファシ...

      続きを読む
    • 2019/01/07Posted by ブクログ

      自分の興味のある所だけ読む。
      ファシリテーションには場のデザイン、対人関係、構造化、合意形成の4つのスキルがあると知った。話しやすい場の作り方などすぐに工夫できそうなので実践してみたい。最後にファシリ...

      続きを読む
    • 2018/12/02Posted by ブクログ

      ★読んだきっかけ
      分科会実施にあたり、ファシリテーターについて知りたくて。聞き出す力について知りたくて。

      ★感想
      岡本先生の著書が出てきた!笑
      特に私の課題である、「訊く力」についてがとても良かった...

      続きを読む
    開く

    セーフモード