【最新刊】ファシリテーション入門<第2版>

ファシリテーション入門<第2版>

著:堀公俊

946円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    累計10万部のロングセラー、待望の新版! 本書は2004年7月に刊行した『ファシリテーション入門』の改訂版です。『ファシリテーション入門』は入門用テキストとして多くの企業や大学で採用され、当該分野の標準テキストといえるまでになりました。ファシリテーションとは、 集団による問題解決、アイデア創造、合意形成、教育・学習、変革、自己表現・成長など、あらゆる知識創造活動を支援し促進していく働きです。その役割を担う人がファシリテーターであり、日本語では「協働促進者」または「共創支援者」と呼びます。ファシリテーションの最大の特徴は、情報や意見などの内容、コンテンツではなく、進行や関係といった過程、プロセスを舵取りするところにあります。改訂版では、多彩なファシリテーションの技法や応用のなかで、すべての活動の基本となる「話し合い」(会議)のファシリテーションに焦点を当てその理論と実践スキルを紹介していきます。 最新の知見を盛り込み、第一版を全面的にアップデートしました。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/09/28
    出版社
    日経BP
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    レビューコメント(8件)
    • ファシリテーショ...
      2021/02/14

      ファシリテーションという言葉の意味を体系的に整理するのに便利な一冊

      PMOとしても使える実践的なプラクティスが載っている。場のデザイン→対人関係→構造化→合意形成のサーキュレーションは今後も意識した...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • ファシリテーショ...
      2020/11/10

      ファシリテーションに必要なスキルの全体像が体系的に概観されている。この本のみで、実際に活用できる気はしないが、この本をきっかけとして、自分に必要なスキルはなにかの目処をつけ、深掘りのための次の本を見つ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • ファシリテーショ...
      2018/12/02

      ★読んだきっかけ
      分科会実施にあたり、ファシリテーターについて知りたくて。聞き出す力について知りたくて。

      ★感想
      岡本先生の著書が出てきた!笑
      特に私の課題である、「訊く力」についてがとても良かった...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード