竹林精舎

玄侑宗久

1,540円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    福島在住の芥川賞受賞の僧侶作家が7年かけて取り組んだ長篇小説。両親を震災で失った秋内圭は出家し、学生時代の仲間と再会しとまどいながら、故郷の竹林寺での暮らしをはじめる。フクシマに何が生まれたのか? 現代に生きる気弱なブッダの弟子たちの恋と煩悩を描く力作。

    続きを読む

    レビュー

    • 2018/03/08Posted by ブクログ

      7年越しの取り組み、だとか。

      「玄侑さんの『竹林精舎』は、道尾の“ある作品”がもとになっています。そして僕の『風神の手』も、その作品がなければ違う物語になっていました。
      その2冊が、偶然にも同じ日に...

      続きを読む
    • 2018/05/04Posted by ブクログ

      道尾秀介『ソロモンの犬』の登場人物のその後。

      勿論、その作品を読んでいなくても楽しめる。


      軽い感じで読み進められる。

      ご住職という事からか、
      日々、漠然と思っている事がきちんとした言葉になって...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2018/03/17Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A002006382","price":"1540"}]

    セーフモード