【最新刊】緋の堕胎 ──ミステリ短篇傑作選

ミステリ短篇傑作選

2冊

戸川昌子/日下三蔵

825円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    他の病院で断られたわけありの患者も引き受ける堕胎専門医、新興宗教にはまる妻、元患者の愛人、胎児の処理をさせられる書生……歪な病院で起きた患者の失踪の顛末(表題作)。新婚旅行初夜の新婦を襲う救いようのない悲劇(「ブラック・ハネムーン」)。めくるめく官能と幻想、常人の倫理を超えていく不条理と奇想によって独自の世界観を作り出す官能ミステリの女王の傑作をこの一冊に凝縮。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/01/11
    連載誌/レーベル
    ちくま文庫
    出版社
    筑摩書房
    ジャンル
    ミステリー
    • ミステリ短篇傑作選 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      ミステリ短篇傑作選 全 2 巻

      1,650円(税込)
      16pt獲得

    レビュー

    3.8
    5
    5
    1
    4
    3
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/07/30Posted by ブクログ

      ミステリ短編集。どれも官能の色が濃く、まさしく過激にして耽美。そして目に見える残酷さよりもなお恐ろしく感じられる情念がねっとりと絡みついてくる印象です。一気に読むとお腹いっぱいになってしまいそうな「濃...

      続きを読む
    • 2018/09/16Posted by ブクログ

      小市民が悪事に手を染める瞬間と人々の破滅を描く。強姦被害者がトラウマに翻弄されて暗鬱な人生を送り最後は犯人に報復、強姦されかけてプライドを取り戻すも殺人する不美人、妻が出ているポルノを探し求める男(ま...

      続きを読む
    • 2018/02/28Posted by ブクログ

      ミステリ短編集。でも実は、それほどミステリっぽくない印象のものも多い気がしました。だけど特に事件が起こるわけでなくとも、心理的にじわじわと嫌な感じが漂う物語があって、その結末に驚かされるのでこれはやっ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード