最高の小説家(分冊版) 【第7話】

藤河るり

220円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

    担当した作品は軒並みヒットさせる敏腕編集者の倉田。ずっと憧れていたベストセラー作家・円城寺尚の担当が定年を迎えるため、新担当になるべくパーティー会場でアプローチしようとしたところ、俳優顔負けのルックスを持つ美男子に遭遇、その相手こそが円城寺その人だった。ところが意気込む倉田に対して円城寺は「小説はもう書かない」と言い出した…! 原因は円城寺の特殊な性癖にあって…!? ※この作品は『GUSHmaniaEX エロ尻』に収録されています。重複購入にご注意ください。

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード