鯨分限(くじらぶげん)

伊東潤

825円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    幕末から明治へ――。捕鯨集団「太地鯨組」の若き棟梁・太地覚吾を、激変する時代の荒波が襲う。外国船の乱獲による鯨の不漁、南海地震による大津波、村を救うため画策した蝦夷地での操業も頓挫する。そして、巨鯨を追うあまりに引き起こされた海難事故「大背美流れ」では、100名以上の生命が奪われる。時代に抗い、度重なる苦境に、何度も立ち向かい続けた男の物語。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード