【最新刊】日本一簡単なのには訳がある 野崎洋光 基本の料理

日本一簡単なのには訳がある 野崎洋光 基本の料理

1冊

著者:野崎洋光

1,430円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    家庭料理のよさを長年提唱し続けている野崎洋光さんによる、本当に簡単でわかりやすい基本の料理を集めた1冊です。常々、「家庭料理の『作りたて』に勝るものはない、店の料理を凌ぐほど」と話している野崎さんですが、その思いは年々強くなっているといいます。2018年4月、長年愛されてきた「分とく山」の店舗を建て替えましたが、それを機に、家庭料理の特長である『作りたて』のよさを、店の料理にも生かすよう、作り方を変えたほど。だしをあらかじめひいておくことをやめ、使うそのつど少量をとる。青菜などをゆでておくことをやめ、提供するそのつどさっとゆでる。ちょっとしたことの積み重ねですが、その効果は非常に大きく、長年のお客様にも好評を博しているといいます。本書では、そんな和食のプロ中のプロである著者による、毎日でも食べたい肉料理、魚料理、豆腐や卵の料理、野菜の料理、ご飯ものを「なぜ簡単にできるのか、どうしておいしくできるのか」のコツを丁寧に解き明かしながらご紹介しています。だしをとらないのに絶品のおいしさに仕上がる豚汁、1分煮るだけの煮魚。水で作るふっくら卵焼き、特別な調味料を使わない和風麻婆豆腐。水につけてからゆでるだけでシャキシャキのおいしさに仕上がるおひたし、生のままの豆を加えて炊くだけの豆ご飯。どれも、従来の「こうでなければ」という常識に囚われず、簡単に、おいしく、を追求した料理ばかりです。※本作品は、『「分とく山」野崎洋光 季節を楽しむおもてなしの食卓』『分とく山 野崎洋光 基本の料理』(ともに小社刊)を再構成、再編集したものです。

    続きを読む
    ページ数
    117ページ
    提供開始日
    2018/09/27
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード