考えるとはどういうことか 0歳から100歳までの哲学入門

著:梶谷真司

877円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    「考えることは大事」と言われるが、「考える方法」は誰も教えてくれない。ひとり頭の中だけでモヤモヤしていてもダメ。人と自由に問い、語り合うことで、考えは広く深くなる。その積み重ねが、息苦しい世間の常識、思い込みや不安・恐怖から、あなたを解放する――対話を通して哲学的思考を体験する試みとしていま注目の「哲学対話」。その実践から分かった、難しい知識の羅列ではない、考えることそのものとしての哲学とは?生きているかぎり、いつでも誰にでも必要な、まったく新しい哲学の誕生。

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    21
    5
    6
    4
    8
    3
    5
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/10/17Posted by ブクログ

      考えるとはどういうことかの話ではなくて、哲学対話について書かれた本ですから、考える指南本と期待しない方がよいですよ。

    • 2019/09/14Posted by ブクログ

      考えることでいろいろなしがらみから解放され自由になるよ。自由になるために考えよう。一人だとむずかしいから、みんなでやろうね→対話哲学
      哲学とは、というより、身の回りのあらゆる事象に問いを立て続けて、そ...

      続きを読む
    • 2019/09/01Posted by ブクログ

      幼稚園児ノ子どもとの会話に役立つことがあるのではないかと興味を持ち購入。
      哲学対話が、他のディベートや哲学等とどう違うのか、その違いを説明するために、筆者が、考えていることを全部文字にしたいという感じ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード