【最新刊】Premiere Pro スーパーリファレンス CC 2018/2017対応

Premiere Pro スーパーリファレンス CC 2018/2017対応

阿部信行

3,520円(税込)
1%獲得

35pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。端末により、見開き表示で、左右が逆になる場合があります。4K映像やVR映像の編集、ソーシャルメディアへの対応など、気になる新機能も詳解しています! 本書は、Adobeのビデオ編集ソフト『Premiere Pro CC 2018』の基本的な操作方法について解説したガイドブックです。バージョンCC 2018をベースに執筆していますが、前バージョン CC 2017でも対応できるように構成しています。また、 CC 2015より以前の旧バージョンでも新機能以外では対応・利用できます。Premiere Proは、映像編集を業務とする放送局、ポストプロダクションをはじめ、ビデオカメラ、一眼レフカメラによる映像撮影を行うプロカメラマン、そして一般ユーザーなど多くのユーザーに利用されているスタンダードなビデオ編集ソフトです。広くユーザーに利用されているのは、その多機能さにあります。フルハイビジョン映像の編集はもちろん、4K、8K映像をはじめ、360度映像のVR動画の編集、そしてカラーコレクション、カラーグレーディングといったカラー補正など多くの編集機能を利用できることが、その特徴でもあるからです。多機能なPremiere Proを使いこなすには、基本操作をマスターすることが重要なポイントです。本書でPremiere Proのすべての機能について解説はできませんが、新機能を含めて、基本的な操作を網羅的にマスターできます。基本操作をマスターすれば、さまざまなPremiere Proの機能をどのように利用すればよいのかを推測して、活用できるようになります。ただし、大切なのは、映像の編集テクニックをマスターすることではありません。Premiere Proはあくまで映像を編集するための道具です。この道具を使って、自分の持っているイメージを映像という表現方法を利用して具体化することが重要です。Premiere Proの使い方をマスターすることは、そのための1つの手段に過ぎません。道具の利用方法を覚えたら、あとは自由に映像を利用した創作活動に利用していきましょう。残念ながら、本書では作品を創作するためのイメージの作り方については解説してありません。しかし、自分で撮影した映像をどう編集すればイメージに近づけられるかはわかります。わかるというより、「イメージを具体化するためのPremiere Proの使い方」がマスターできます。Premiere Proでの編集を行っていて、なにかわからない操作方法があったら、まず本書を開いてみてください。解決方法が解説されているか、直接解説がなくても、なにか解決のヒントが見つかるはずです。本書を利用することで、Premiere Proを使って映像を編集することの楽しさを実感してください。映像の編集は、とても楽しい作業です。その楽しさを、本書を利用することで思う存分味わえるようになれば幸いです。本書「まえがき」より 【目次】CHAPTER 1 Premiere Proの基本CHAPTER 2 ビデオを編集するCHAPTER 3 映像を演出するCHAPTER 4 Premiere Proでカラー補正を行うCHAPTER 5 モーションの設定と映像の合成CHAPTER 6 テロップを作成するCHAPTER 7 オーディオデータを利用するCHAPTER 8 VR動画を編集するCHAPTER 9 プロジェクトを出力する

    続きを読む
    ページ数
    370ページ
    提供開始日
    2018/09/25

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    最初のコメントには一番乗りラベルがつくので、みんなに見てもらいやすくなります!

    レビューを投稿する

    セーフモード