町中華とはなんだ 昭和の味を食べに行こう

著者:北尾トロ 著者:下関マグロ 著者:竜超 著者:町中華探検隊

748円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    聞けば誰しも「あんな店のことね」と頭に浮かぶ「町中華」。しかしその「町中華」とは、一体なんなんだ!?「町中華ブーム」のきっかけとなった一冊が書き下ろしを加え文庫化!ことさら美味いからというわけでもないのになぜか愛着がある「町中華」。しかし最近、数が減っている?いつのまにか「町中華」は絶滅危惧種になっていた。誰かが記録しなければ忘れ去られる味と店がある。昭和の古きよき食文化をレポる、「町中華探検隊」が結成された!定義はなにか、どう遊べば楽しいか。隊長の北尾トロをはじめ、独自のスタイルで町中華探訪を繰り返す隊の面々。店主の話を聞き、メニューに思いを馳せ……。数々の店を訪れ見えてきたのは、戦後日本の食文化の歴史だった。美味さだけじゃない、エンタメと人生がここにある。異色の食レポエッセイ。カバーイラスト=清野とおる(『東京都北区赤羽』)

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/05/09Posted by ブクログ

      テレビ東京の「孤独のグルメ」を視聴して以来、地元や出先でも個人営業の飲食店に意図的に入るようになった。一人の時が多いので、最も入りやすいのが町中華・ラーメン屋や蕎麦屋だ。トロ氏、マグロ氏、竜氏が、それ...

      続きを読む
    • 2018/10/12Posted by ブクログ

      「町中華」とは?いつから・・・?この本はこの町中華を始めた。平成の終わりを迎える今、昭和の味わいを感じようではないか!

    • 2018/10/10Posted by ブクログ

      2018年10月読了。
      町中華とはなんだ、というタイトルなのだが、結局「ぼんやり」したものらしい(206ページ)。
      地元の人しかあまり行かない、昔からやっている、とりあえずいろんなメニューがある、安い...

      続きを読む
    開く

    セーフモード