【最新刊】日本敵討ち異相

日本敵討ち異相

著者:長谷川伸

1,012円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    著者がライフワークとしていた「敵討ち」。物語として美化されてきたものを史実に則って描き直し、厳選した晩年の代表作。未収録だった50年ぶりの新作『日本敵討ち集成』と同時刊行!

    続きを読む
    提供開始日
    2018/09/22
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント
    • 日本敵討ち異相
      ネタバレ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 日本敵討ち異相

      敵討ちしたのは侍だけではなかったのか。討つ方は何年も何十年も敵を捜したり、準備をし、逃げる方も同じく何年も逃げ隠れし続ける。お互いに精神力が凄い。人一人の命をとるというのは本当に重いことなのだと感じる...

      続きを読む
    • 日本敵討ち異相

      角川文庫から一緒に出た「日本敵討ち集成」が良かったので、「異相」にも挑戦した。全国の古文書から仇討ちの事例を集めて並べたのが「集成」。これに対し、「異相」は、特殊な敵討ちに焦点を絞ったうえ、読みやすさ...

      続きを読む
    • 日本敵討ち異相

      異相とは、普通とは違った姿。 鍵屋の辻や赤穂浪士とか大河ドラマになる有名な敵討ちではない、人知れない敵討ちから江戸期の心意気と世相を表す。 『瞼の母』の著者の晩年、大型トランクいっぱいに書き溜めた草稿...

      続きを読む

    セーフモード