【完結済み】入り婿侍商い帖 凶作年の騒乱(一)

入り婿侍商い帖 凶作年の騒乱

完結

著者:千野隆司

748円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    米商いの幅を広げる角次郎。だが凶作の年、信頼関係を築いてきた村名主から取引先の変更を告げられる。さらに村名主は行方不明となり……。世の不穏な空気と、大黒屋に迫る影。角次郎は店と家族を守れるか?

    続きを読む
    提供開始日
    2018/09/22
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    歴史・時代
    • 入り婿侍商い帖 凶作年の騒乱 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      入り婿侍商い帖 凶作年の騒乱 全 3 巻

      2,244円(税込)
      22pt獲得

    レビュー

    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      千野隆司 著「凶作年の騒乱(二)」、入り婿侍商い帖シリーズ№14、2018.10発行。米不足の年、巧妙に仕組まれた罠が角次郎・お万季の大黒屋を襲い打ち壊しの窮地に。二人は勿論のこと、善太郎やお波津、お...

      続きを読む
    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      千野隆司さんの入り婿侍商い帖シリーズも№13になりました。「凶作年の騒乱(一)」、2018.9発行。米問屋・大黒屋の主、角次郎、その妻お万季、息子善太郎、娘お波津の物語。大黒屋への米の卸が突然別の米問...

      続きを読む
    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      千野隆司 著「凶作年の騒乱(三)」、入り婿侍商い帖シリーズ№15、2019.2発行。大黒屋番頭直吉が、大黒屋をつぶそうとの垂水屋、上州屋の企みで人殺しの濡れ衣を着せられ、大黒屋絶体絶命の危機。角次郎、...

      続きを読む
    開く

    セーフモード