【最新刊】情報生産者になる

情報生産者になる

上野千鶴子

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    情報があふれかえる時代、しかし、それを消費するだけではタダの情報グルメや情報ディレッタント。価値のある情報を生産し、発信する側にまわる方がずっとおもしろい。オリジナルな問いを立て、過去の研究に学び、一次データを収集し、それに分析を加え、アウトプットするまでの一連の過程を、具体例を交えながら解説。あまたの人材を育ててきた教育者として、新たな知を生み出す技法を惜しみなく公開する。この一冊で、あなたも情報生産者になれる!

    続きを読む
    提供開始日
    2018/09/28
    連載誌/レーベル
    ちくま新書
    出版社
    筑摩書房
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      研究のしかたをきわめて具体的にノウハウ開示してくれている本。すみっコぐらしの中高年でももしかしたら今からでも情報を生産できる人間になれるんじゃないかと、目がひらかれる思い。
      ちゃんと勉強してこなかった...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      自分自身がちょうど一つの論文を書き終えた時期に、本書を手に取り読み始めた。冒頭の「研究は極道だ」「学問は極道だ」というフレーズは、そこ時だからこそ身に染みた。

      本書の表題は『情報生産者』になるとある...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      同著 サヨナラ、学校化社会 (ちくま文庫) を読んだのがきっかけです。
      私は専門学校でソフトウェア開発関連の勉強をしていました。
      大学の様に研究をした経験が少ないので、この本を教本にさせてもらいたくて...

      続きを読む
    開く

    セーフモード