【最新刊】ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~

ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~

1冊

著者:三上延

671円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    鎌倉の片隅にひっそりと佇むビブリア古書堂。その店主は古本屋のイメージに合わない、きれいな女性だ。そしてその傍らには、女店主にそっくりの少女の姿が--。ビブリア古書堂の「その後」を描くシリーズ最新刊。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/09/22
    連載誌/レーベル
    メディアワークス文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.7
    143
    5
    24
    4
    62
    3
    55
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/02/12Posted by ブクログ

      ビブリア古書堂シリーズの番外編的巻。本編の一作品目から何年経ったのだろう。古書堂店主の栞子と本を読めない大輔。二人は結婚し、娘の扉子に栞子が古書にまつわる話を聞かせる、という中での展開。ドキドキ感は本...

      続きを読む
    • 2020/01/22Posted by ブクログ

      あ〜 そんな事があったね。細かい所までは思い出せないけど、映画館のスクリーンに映し出されるような感覚。
      読み返してみるか。

    • 2019/12/15Posted by ブクログ

      子供に対して
      過去の本に対する物語を
      語るという形もなかなか良かった。

      今回はその本持ってたかもというのがあり
      持っていれば良かったなぁ

    開く

    セーフモード