【最新刊】ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~

ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~

1冊

著者:三上延

658円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    鎌倉の片隅にひっそりと佇むビブリア古書堂。その店主は古本屋のイメージに合わない、きれいな女性だ。そしてその傍らには、女店主にそっくりの少女の姿が--。ビブリア古書堂の「その後」を描くシリーズ最新刊。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/09/22
    連載誌/レーベル
    メディアワークス文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.7
    134
    5
    25
    4
    56
    3
    51
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/24Posted by ブクログ

      ビブリアシリーズもついに娘が登場。
      小学生ながらミニ栞子さん的な本好き、頭のキレで、ガラスの仮面ばりに「恐ろしい子っっ」とつぶやいてしまった。

    • ネタバレ
      2019/08/21Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/08/17Posted by ブクログ

      ビブリア古書堂の事件手帖のその後の話。

      栞子が娘の扉子に語っているという設定で、色々な本にまつわる話が短編として入っています。

      扉子という名前もすごいけど、まだ小さいのにませてるというか小生意気な...

      続きを読む
    開く

    セーフモード