【最新刊】古典歳時記

古典歳時記

著者:吉海直人

1,650円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    古来、日本人は自然に寄り添い、時季を楽しんできた。旬の食べ物、花や野鳥、気候や年中行事……折々の暮らしに根ざしたテーマを厳選し、時事的な話題・歴史的な出来事を入り口に、四季折々のことばの語源と意味を解き明かす。「『春はあけぼの』は平安朝の人々の美意識ではなかった」「西行の詠んだ『花』は何か」「あじさいは平安朝の女流文学には出てこない」など、文学の知識も学べる古典文化の案内書。目次第一部 正月/第二部 春/第三部 夏/第四部 秋/第五部 冬/第六部 京都文化

    続きを読む
    提供開始日
    2018/09/21
    連載誌/レーベル
    角川選書
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント
    • 古典歳時記

      日本には四季がありそこに文化がある。そんな文化が育まれ祭事となったり、しきたりという形になり私たちに受け継がれている。そんな伝統的なモノを改めてこの本を読むと奥深さと素晴らしさに気付かされる。私的には...

      続きを読む
    • 古典歳時記

      図書館本。昔の日本人の素晴らしさ。それを今に伝えている日本の古典の素晴らしさを再認識した。

    • 古典歳時記

      四季折々の二十四節気や行事ごとを掘り下げていくと、古典にその源を探ることになる、まさに、そんな新旧暦と古典を楽しく、トリビア的に綴ったエッセイ。香道の組香の折に語られる古典のあれこれがほぼ本書で語られ...

      続きを読む
    • 古典歳時記

      上賀茂神社と東寺の五重塔のてっぺんが同じ高さだとか。京都の街を自転車で走れば、その高低差を感じることができます。 何度訪れても楽しめる古典文学の街。来年もまた訪ねてみようと思います。

    • 古典歳時記

      ほっこり楽しく読めてとても勉強になる。目から鱗がボロボロ落ちる。春はあけぼのの件、桃太郎の尖った桃の件、梅、菊、などなど。

    セーフモード