【最新刊】子育てで一番大切なこと 愛着形成と発達障害

子育てで一番大切なこと 愛着形成と発達障害

1冊

杉山登志郎

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    発達障害研究の第一人者が書く、今の子どもたちにとって本当に必要な子育ての方法。発達障害の増加や子ども虐待の急増、いじめや校内暴力など、子育ての大変さばかりが際立っている。そこで、いくつかのとても大事なことだけ押さえておけばいいということを示す。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/09/19
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    3.7
    14
    5
    1
    4
    9
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/03/14Posted by ブクログ

      これからの子育て、教育について考える。

      〇”愛着”は、”アタッチメント”という英語を訳した言葉なのだけれど、アタッチメントとは、タッチするということ。(p46)
      ☆そして、大事なのは、何のためにくっ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/09/07Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/04/11Posted by ブクログ

      発達や子育てについて、物語仕立て、というか、掛け合いの対談形式で語られていく。工夫が凝らされていて、読みやすかったと思う。杉山氏の本は何冊か読んだことがあるし、しっかりしたご自分の主張とか考えを持って...

      続きを読む
    開く

    セーフモード