誰が「道徳」を殺すのか―徹底検証「特別の教科 道徳」―(新潮新書)

森口朗

820円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    戦後七十数年を経て、道徳は「特別の教科」として教科化された。その狙いは? 新しい教科書の中身は? 先進各国が教えるモラルは? 道徳教育こそ国民性を表すと考える著者が、修身にはじまる歴史を辿りながら、日教組の影響、様々な提言が封じられてきた経緯、教科書の盲点等、幅広い視野から問題点を炙り出していく。道徳は一部の政治家や官僚、教師に任せるべきものではない。国民が逃げずに向き合うべき課題なのだ。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード