【最新刊】漂流怪人・きだみのる

漂流怪人・きだみのる

嵐山光三郎

671円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    青年嵐山が出会った破天荒学者の痛快評伝。きだみのるはファーブル『昆虫記』の訳者で、戦後『モロッコ紀行』を書いた無頼派の社会学者である。雑誌『世界』に連載した『気違い部落周遊紀行』はベストセラーになり、渋谷実監督、淡島千景主演で映画になり大ヒット。嵐山は、『太陽』(平凡社)の編集部員であった28歳のとき、75歳のきだみのると謎の少女ミミくんと一緒に取材で各地をまわった。きだ怪人の破天荒な行状に隠された謎とは何か。新聞各紙、雑誌書評で絶賛の嵐の痛快評伝。※この作品は過去に単行本版として配信されていた『漂流怪人・きだみのる』の文庫版となります。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/09/21
    連載誌/レーベル
    小学館文庫

    レビュー

    • 2018/10/29Posted by ブクログ

      面白いですが、辛く悲しい本です。
      「面白い」のは、こんなにもフリーダムに生きていた人がたかだか40〜50年程前にいたのか! という驚きと、その漂流生活ぶりのユニークさ。
      「辛く悲しい」のは、漂流者の唯...

      続きを読む
    • 2020/06/16Posted by ブクログ

      もう一度繰り返そう。長生きすることだ。 
      そうすれば、新地獄.極楽の布教者たちのそのときどきの所論の適否、正誤がわかるだろう。
      そして現役の人間としてくたばることだ。
      そうしたら子供の世話になるという...

      続きを読む

    セーフモード