【最新刊】前科者 6巻

前科者

原作:香川まさひと 作画:月島冬二

605円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

犯罪者のその後と保護司を描くナマな物語。「罪を犯してしまった」者や「道を踏み外した」者たち。現代日本において再犯防止を考えるのは、必須の課題だ。保護観察対象者の社会更生の支援をするのが、保護司である。保護司は法務省が委嘱する非常勤で無報酬の国家公務員であり、ボランティア。立場の弱い人間が抱える問題に、主人公である保護司・阿川佳代は真摯に対峙する。今巻は被害者担当保護司を務める梶木の勧めで、強制わいせつ罪を裁く法廷を被害者の視点で傍聴。被害者の女子高生・玲子に会いに行った佳代が苦悩するく姿を正面から描きます。

続きを読む
ページ数
200ページ
提供開始日
2020/11/30
連載誌/レーベル
ビッグコミックオリジナル
出版社
小学館
ジャンル
青年マンガ
  • 前科者 全 6 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    前科者 全 6 巻

    3,740円(税込)
    37pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューコメント(23件)
  • 1巻
    2021/03/28
    考えさせられた

    やはり世間は、前科のある人にはとても厳しい。その人の事情や境遇を問わず、基本、前科があれば風当たり厳しくなってしまう。身勝手な私利に基づいた理由での犯罪はもちろんいけないが、円滑な社会復帰や心の支えと...

    続きを読む
    名称未設定 さんのレビュー
  • 6巻
    2021/02/27

    1~6巻総括で。正解のない問題を提示され続けられているようで、読み続けることができる人とできない人に分かれる作品かもしれません。個人的には、このまま読み続けたたいですが。

    名称未設定 さんのレビュー
  • 6巻
    一番乗り
    2020/12/05

    いろいろ考えさせられる本です。きれいごとだけでは人生生きられません。乗り越える、乗り越える何かが必要です。

    名称未設定 さんのレビュー
他のレビューをもっと見る

セーフモード