【最新刊】ハンディブレンダーだから作れるおいしいお菓子

ハンディブレンダーだから作れるおいしいお菓子

1冊

荻田尚子

1,210円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    介助・介護が必要となる原因のなかでも、上位を占めるのが「認知症」や「脳血管障害」などの脳の病気。その主要な病気である「アルツハイマー病」「脳卒中」「無症候性脳梗塞・未破裂脳動脈瘤」「パーキンソン病」などの最新情報を一冊にまとめました。脳の病気は、発症すると後遺症が残る可能性も高く、家族の負担も大きくなって自宅での介護が困難となるケースも少なくありません。早めの対策で、未然に防ぎましょう!〈主な内容〉●第1章「アルツハイマー病」改善・予防の最新対策・【専門家インタビュー1】金沢大学大学院教授 山田正仁先生/早期に対策をして、いつまでも自分らしく・認知症の第一要因 アルツハイマー病とは・アルツハイマー病はなぜ起こる?・認知症の前段階「軽度認知障害」に気づく・不安を感じたら早めに受診 診断のための検査・適切な薬の使用で進行を遅らせる・アルツハイマー病を防ぐ生活習慣と運動●第2章「脳血管障害」改善・予防の最新対策・【専門家インタビュー2】湘南慶育病院院長 鈴木則宏先生/脳の血管を守り、要介護・認知症を防ぐ・脳血管障害は要介護になる大きな要因・脳の血管を守る予防のポイント・「脳梗塞」のサインを見逃さない・認知症の要因のひとつ「無症候性脳梗塞」・くも膜下出血を起こす「未破裂脳動脈瘤」・脳出血を引き起こす「もやもや病」●第3章「パーキンソン病」改善・予防の最新対策・【専門家インタビュー3】京都大学大学院教授 高橋良輔先生/体の変化を見逃さず、運動障害を早めに防ぐ・運動障害が起こるパーキンソン病とは・パーキンソン病はなぜ起こる?・早期発見するための検査と診断・【パーキンソン病の治療1】薬で良好な状態を保つ・【パーキンソン病の治療2】手術が検討される場合も・【パーキンソン病の治療3】リハビリで運動機能を改善・日常生活で気をつけるポイント・家族・周囲の患者さんの支え方

    続きを読む
    ページ数
    82ページ
    提供開始日
    2018/09/14

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード