トリノトリビア 鳥類学者がこっそり教える 野鳥のひみつ

監修・著:川上和人 著:マツダユカ 著:三上かつら 著:川嶋隆義

1,188円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。★★ほとばしる文才と過剰なギャグ、鋭い考察と鳥への愛。★★今、日本で最も熱い鳥類学者 川上和人先生の最新刊!『きょうのスー』(双葉社)など鳥を題材にした人気マンガ家マツダユカ先生。スズメ、カラス、ヒヨドリなどなど身近な野鳥をとりあげ、身近だけれどつい見過ごしがちな野鳥たちの驚きの生態を、マンガと文章とでばっさばっさと解説していきます。かわいい小鳥だと思いきや意外と凶悪なメジロ、カッコウの進化し続ける托卵戦略、カラスがいつも暇そうなわけ......驚きと笑いに満ちた怒濤のごとき読書体験に、きっと読後だれもが空を見上げずにはいられないはず。【目次】1章 いつも見かける気になるあいつスズメはほおの斑点が大きいほどモテる/ハトは本当は首をふっていない/ウは防寒性・防水性よりも攻撃性を選んだ/他2章 食べることは、生きることカラスはときに吸血鬼になる/メジロの舌は二枚舌/果物好きのヒヨドリはおなかがゆるい/他3章 鳥たちの恋愛事情タマシギは喉にホルンをもつ/モズはものまねでハートを射抜く/キツツキは大音量で愛を叫ぶ/他4章 育て! 鳥の子エナガのベッドはふわっふわ/キジバトの巣はざっくりしすぎ/イヌワシは兄弟殺しを運命づけられている/他5章 けっこうすごい鳥のカラダハヤブサは時速300kmで獲物を襲う/鳥の目はあんがい鳥目じゃない/サギが白いのは撥水加工のおかげ/他6章 鳥にまつわるエトセトラヒヨドリはもしかしたら3種いる?/カラスだってときに絶滅する/キジが国鳥に選ばれたのは桃太郎のおかげ/他<電子書籍について>※本電子書籍は同じ書名の出版物を紙版とし電子書籍化したものです。※本電子書籍は固定型レイアウトタイプの電子書籍です。※本文に記載されている内容は、印刷出版当時の情報に基づき作成されたものです。※印刷出版を電子書籍化するにあたり、電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。また、印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。株式会社西東社/seitosha

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    15
    5
    3
    4
    8
    3
    3
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/29Posted by ブクログ


      鳥が好きなので読んでみた。
      イラストが可愛く、ユーモア溢れて読みやすいが…。

      カラスはクルミの大きさを一瞬て見分ける
      ---ええ?どうやって⁇

      オシドリの夫婦は毎年相手が違う
      ---じゃあ何で...

      続きを読む
    • 2019/09/22Posted by ブクログ

      取り上げられる鳥(あ、これ、ダジャレじゃなくて)は、スズメ、メジロ、ムクにヒヨ、ツバメ、ハシブトハシボソカラスちゃんなど、身近な鳥がほとんど。

      彼らの行動や食事、繁殖、子育て、体のつくりなど、知ると...

      続きを読む
    • 2019/09/02Posted by ブクログ

      鳥の生態に関する豆知識が、1テーマ2ページの見開きで紹介されている。右ページで鳥に語らせる可愛らしい4コマ漫画が、左ページでその解説が見られ、さらに左下欄外に鳥の'つぶやき'と称した補足説明がされてい...

      続きを読む
    開く

    セーフモード