英語多読完全ブックガイド[改訂第4版]

編著:古川昭夫 編著:神田みなみ 著:黛道子 著:宮下いづみ 著:畑中貴美 著:佐藤まりあ 著:西澤一 協力:SSS英語多読研究会

2,156円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。日本で唯一の本格的洋書ガイドとして約14,000冊のデータを掲載した3年振りの改訂版。「辞書は引かない」「わからないところはとばす」「つまらなくなったらやめる」の多読三原則にしたがって、英語多読を続けるためのバイブル的存在です。 ■実際に読んだ複数の人の評価が基準多読にお薦めの読みやすい洋書約14,000冊を選定し、「日本人にとっての読みやすさレベル」を0.0~9.9の数値で示して、「お薦め度」「総語数」「音源の有無」「コメント」「ISBN」などのデータを付けています。同程度の英語レベルの本をもっとたくさん読みたい、次は少しだけレベルを上げたい、物語ではなく歴史や地理、科学などのノンフィクションものが読みたいなど、本選びに迷ったときにすぐに役立つ多読必携のガイドです。■最初に読むべき本はどれ?第2章では、これから多読を始めたいというとき、選んで間違いなしの特選本、読みやすさレベル0から5まで全160冊を選定、詳しく紹介しています。いちばんやさしいレベル0は32冊。レベル5にはシドニー・シェルダン、ロアルド・ダール、村上春樹の作品も登場します。 ■シリーズ紹介は50種類有名なペンギンリーダーズ、オックスフォード・ブックワームスなどのシリーズものは、使用語彙や文法、構文などを制限して、少しずつレベルアップできるように構成されています。多読の広がりにつれて、英米のみならずオーストラリア、ドイツ、デンマークなどの出版社からも新シリーズが次々と刊行されており、本書第3章で紹介している50シリーズのうち、18シリーズが第4版で新しく選定したものです。

    続きを読む

    レビュー

    • 2013/03/17Posted by ブクログ

      ブクログ新刊お知らせ機能にて。

      [図書館]
      読了:2013/4/3

      GRに飽きてきて、適度な長さの児童書、一般書を探していたので、特選本のコーナーがとても役にたった。
      ただ、説明文や校正などでイマ...

      続きを読む
    • 2020/07/23Posted by ブクログ

      第五版を、そろそろ出してくれてもよくってよ!

      多読とは、なにか。
      YL とは、なにか。
      大人には勉強というより、趣味の1つとして。
      漱石センセイもたくさんの洋書を読め!とすすめておられたのだ。

      ...

      続きを読む

    セーフモード