[増補改訂版]決定版 英語エッセイ・ライティング

監修・著:門田修平 著:氏木道人 著:伊藤佳世子

1,694円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。●エッセイ・ライティングとは?特定のテーマについて、まとまった英文を書くエッセイ・ライティング。難しそうと後回しにされがちなスキルですが、レポートや小論文のみならず、TOEFLテスト、TOEIC SWテストと、英文を書く機会は確実に増えています。なにより、メールが当たり前の通信手段になったいま、グローバル・スタンダードな英文が書けるかどうか、自分の意図を明確に相手に伝える発進力こそが問われているといえます。エッセイ・ライティングが難しいと思われがちなのは、その実体がよくわからないことにも原因があるはずです。本書は、その実体とポイントをはっきりとした形でフローチャート化し、一定のステップを踏めば誰でも書けるように、「手順」と「ルール」を示したものです。 ●課題をこなしながらステップアップ! フローチャートの各ステップごとに、ポイントを学んだらまず自分で書いてみます。次にAさん、Bさんの不完全例を読んで、問題点をチェック。最後にモデル解答例を読んで、理想的なエッセイの要素を確認します。ウォームアップレッスン、Let’s Try!、ラストチャレンジと、実践練習を豊富に設けており、与えられた課題をこなすうちに、いつの間にかエッセイ・ライティングの技能が身につくように構成しています。・本書は2006年刊『決定版 英語エッセイ・ライティング』の増補改訂版です。練習問題を増やし、例文や解説もすべて見直しています。本文は2色刷りです。 【本書の構成】Unit 0 グローバル時代の英語は受信型から発信型へUnit 1 エッセイ・ライティングとは何かを押さえてウォームアップ学習Unit 2 「ブレインストーミング」と「マインドマッピング」を使ってトピックを決めるUnit 3 アウトラインを決めるUnit 4 説得力のある英文を書く「レトリック」とは何かUnit 5 イントロ・パラグラフを書くUnit 6 ボディ・パラグラフを書くUnit 7 コンクルーディング・パラグラフを書くUnit 8 読みやすい文章を書くにはUnit 9 つなぎ語を上手に使って文章に流れを持たせるUnit 10 語句のつながりと内容の一貫性を確認Unit 11 パンクチュエーションの正しい使い方Unit 12 ラストチャレンジ: 3つのエッセイを書いてみよう

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード