【最新刊】人工知能に哲学を教えたら

人工知能に哲学を教えたら

1冊

岡本裕一朗

864円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    「使える哲学」とはなにか?AIロボット、ドローン、自動運転。シンギュラリティの恐怖も叫ばれる中、いよいよ活気づいてきた人工知能の世界。アメリカではすでにUberによるタクシーの自動運転が実践化されているといいます。しかし、一方でAIが紛争や殺人に使われる懸念があるなど、モラルや倫理が追いついていない状況に見えます。果たして、「合理的で」「最適な」答えを出す、人工知能にどうすれば「考え方」を与えられるのか。本書では、哲学だけでなく、テクノロジーやITまで幅広い分野に造詣の深い岡本先生に、「人工知能に哲学を教える」という設定のもと、「究極な問い」を立てながら、哲学はそれにどうこたえるか…の考え方を提示いただきます。話題の人工知能と哲学を掛け合わせることで、「哲学のおもしろさ」を味わってもらう1冊を目指します。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/09/05
    連載誌/レーベル
    SB新書

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード