【最新刊】生きものの世界への疑問

生きものの世界への疑問
1冊

日高敏隆

756円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    ネコは人間をどう思っているのか、チョウはなぜ美しいのか、雪の中で生きる虫がいるのはなぜか。動物や虫たちには世界はどう見えているのか。私たちが生きる世界の不思議を、動物行動学者がユーモアを交えてわかりやすく綴る。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/08/31
    連載誌/レーベル
    朝日文庫

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/03/17Posted by ブクログ

      科学者としての真摯な姿勢により,現在そうだといわれている事実に対する疑う姿勢が純粋に研ぎ澄まされていき,最終的には科学的事実とは,その時代の社会思想に少なからず影響を及ぼされるものであり,時代とともに...

      続きを読む
    • 2018/09/25Posted by ブクログ

      ダーウィンの呪縛というか、わかっていても生物の進化をシームレスなものと考えてしまう。
      人類は未だ新しい(品種ではない)種の誕生を目撃していない(発見はある)し、進化論の仕組みを解明してはいない。突然変...

      続きを読む

    セーフモード