[新訳]武士の娘

著:杉本鉞子 訳:小坂恵理

1,300円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

    本書は、1925年(大正15年)に全米でベストセラーとなった旧長岡藩筆頭家老の娘・杉本鉞子による自伝的小説の完全新訳版。明治6年に生まれた著者・杉本鉞子は、伝統的な武家の娘としての教育を受けた後、貿易商を営む日本人男性と結婚して渡米、習慣や人々の気質の違いに戸惑いながらも米国の地で娘にも恵まれ幸せな家庭生活を送っていた。しかし、38歳の若さで夫が急逝。いったんは帰国するが、再度2人の娘を連れて米国で生きることを決意。生活のためにはじめた雑誌「アジア」への連載が1冊にまとまったものが「A DAUGHTER OF THE SAMURAI」であった。原書は全米でグレイトギャツビーと並ぶベストセラーとなり、日本を含む8カ国語に翻訳される。本書はこれまでの翻訳版では削除されていた24章を含む初の完全版である。

    続きを読む

    レビュー

    4.3
    3
    5
    2
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/06/28Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • ネタバレ
      2018/05/19Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/01/15Posted by ブクログ

      「陸に上った河童」の様に困り果ている

      仮普請(かりぶしん)

      筥迫(はこせこ)

      「毎日この鏡を良くご覧なさい。心にわがままや驕りがあれば、それは顔に表れるものです。よく見るのですよ。松のように強く...

      続きを読む
    開く

    セーフモード