【最新刊】日本国債が暴落する日は来るのか?

日本国債が暴落する日は来るのか?

著:榊原英資

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    なぜ、いま「国債」について語るのか。 第1章 国債を知れば、経済の「いま」がわかる 第2章 日本国債と日本経済 第3章 米国債とアメリカ経済 第4章 中国債と中国経済 第5章 各国の国際事情と経済 第6章 オリンピックまで4年、日本経済はこうなる! 長率1%時代、日本が生き延びる道とは?

    続きを読む
    提供開始日
    2018/08/31
    出版社
    ビジネス社
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    4.3
    3
    5
    1
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/08/08Posted by ブクログ

      2017.08.08読了。

      低成長時代の日本が目指すべき新しい日本の姿、そして世界経済の大雑把な状況が、国債を通じて良く理解できる内容だった。

      増税を先送りすることの無意味さも、危機感を持って感じ...

      続きを読む
    • 2017/03/26Posted by ブクログ

      タイトル通りの本。著者によれば、国民の貯蓄で国債を買い支えることができるのがあと8~10年で、それまでは国債の暴落は無いと予見している。そして、税金で国債を買い支えることができるよう、この10年のうち...

      続きを読む
    • 2017/03/21Posted by ブクログ

      大蔵省国際金融局長にして「ミスター円」の異名を持つ金融のエキスパートが語る国債の真実。少子高齢化が原因で社会保障費が膨らむ中,膨大な借金を積み上げている日本,非正規雇用者が4割に達し格差が開いている日...

      続きを読む

    セーフモード