【最新刊】アセアン統合の衝撃

アセアン統合の衝撃

著:西村英俊 著:小林英夫 著:浦田秀次郎

1,408円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    アセアン(東南アジア諸国連合)がスタートしたのが1967年。そこから約50年で、シンガポール、ブルネイ、マレーシア、フィリピン、ほか10ヵ国が加盟するアセアンは人口6億2000万人、GDPは日本の半分にまで成長している。そして関税・非関税障壁撤廃、EUのようなヒト・モノ・カネの自由な移動、さらに通貨統一を目指している。それらが実現すれば、そう遠くない未来にさらなる巨大な成長を遂げることになるだろう。日本企業が生き残るには、今後、アセアン戦略が重要なカギを握るだろう。本書では揺れ動く世界経済やTPP、中国や北朝鮮の動向を踏まえたうえで、日本企業が生き残るためのアセアン戦略を言及していく。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/08/31

    レビュー

    レビューコメント(2件)
    • アセアン統合の衝撃2020/03/10Posted by ブクログ

      ASEANの持つ成長ポテンシャルをいろいろな角度から紹介する内容。
      やや個に落ちすぎの感は否めないが、それでもそのポテンシャルは実感できる。
      特にメーカーにとってはASEANへの進出は改めて不可欠であ...

      続きを読む
    • アセアン統合の衝撃2018/06/23Posted by ブクログ

      タイトルと内容が関係ない。アセアンの自動車産業の研究者が本を売りたくて刺激的なタイトルをつけてしまったという一冊。

    セーフモード