【最新刊】「見えない」税金の恐怖

「見えない」税金の恐怖

著:大村大次郎

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    霞が関の役人に金を巻き上げられ、東電には廃炉費用を上乗せさせられる、公共料金という名の「税金」ばかり。知らないとずるずると払わされてしまう恐ろしい負担の正体待機児童の原因「巨大な保育利権」とは?日本人はいかに高コストの生活を余儀なくされているのか そもそも日本では税金と名前がついていないが、実際は税金ともいえる負担を国民に強いている! こんな日本にだれがした!?

    続きを読む
    提供開始日
    2018/08/31
    出版社
    ビジネス社
    ジャンル
    ビジネス
    • 「見えない」税金の恐怖 全 1 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      「見えない」税金の恐怖 全 1 巻

      880円(税込)
      8pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(4件)
    • 「見えない」税金...2017/06/17Posted by ブクログ

      「子ども・子育て拠出金」
      道路公団が民営化されても、結局は天下りの公益法人となっている。
      雇用保険、労災保険も2つの天下り法人の資金源となっている。

    • 「見えない」税金...
      ネタバレ
      2017/07/30Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 「見えない」税金...2018/09/02Posted by ブクログ

      日本人の年収は世界有数の高さにもかかわらずその豊かさが実感できていない。理由は見えない税金が物価を押し上げ、日常生活を圧迫しているため。世界と比べれば異常といえるほど高い電気料金、高速道路、教育費用、...

      続きを読む
    開く

    セーフモード