【最新刊】パナマ文書の正体

パナマ文書の正体

著:大村大次郎

704円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「パナマ文書」で明らかになったのは、オフショアでの法人設立支援ビジネスにおいて世界最大級の法律事務所であるモサック・フォンセカの内部で何が行われてきたのかということだ。今回明らかになった2.6テラバイトという巨大データの内容は、過去40年分の同社の金融取引や、21のタックスヘイブン地域に所在する21万社以上の企業情報である。その詳細と意味を解説していく。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/08/31
    出版社
    ビジネス社
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • パナマ文書の正体2016/07/30Posted by ブクログ

      最近「パナマ文書」という言葉をニュース等で聞くことがありますが、断片的な情報しかなく何のことか分かっていませんでした。ただし、パナマ文書では、多くの人が取り上げられていることは知っていました。

      そん...

      続きを読む
    • パナマ文書の正体2019/09/07Posted by ブクログ

      ●まえがき
      ●世界の主なタックスヘイブンがここだ!
      ●パナマ文書に記載のあった主な政治家・有名人
      ●パナマとはどんな国なのか?
      ◇第1章 パナマ文書の正体
      ◇第2章 タックスヘイブンで何が行われてい...

      続きを読む
    • パナマ文書の正体2020/12/20Posted by ブクログ

      『パナマ文書「タックスヘイブン狩り」の衝撃が世界と日本を襲う』と並んで、サクッと手軽に理解するのにちょうど良い本。ここ最近は本当にメディアでも話題にならないが、海外でもそうなのであろうか。文書解析の進...

      続きを読む

    セーフモード