【最新刊】エンゼルフレンチ

エンゼルフレンチ

著:藤田雅矢

495円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    驚いたのは、ダイチが一度だけ、転写された自分自身との会話を経験したということでした。ダイチが感じた限りでは、本当に自分自身と話をしているようで、少し気味が悪かったといいます。そこまで完全に、人の頭の中をコピーできるものなのでしょうか。(「エンゼルフレンチ」より) 第12回SFマガジン読者賞を受賞した「奇跡の石」を含む、珠玉のSF短編小説を収録。電子オリジナル作品。*奇跡の石*エンゼルフレンチ*飛行螺子*地球の裏側*こだま*RAIN*SHS88●藤田雅矢(ふじた・まさや)1961年、京都市生まれ。農学博士。1995年、第7回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞。同年、「月当番」で第26回JOMO童話賞佳作。2007年、「ダーフの島」でSFマガジン読者賞受賞。著書に『星の綿毛』『クサヨミ』など小説のほか、『捨てるな、うまいタネNEO』などの園芸書もある。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/08/31
    出版社
    アドレナライズ
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2016/02/08Posted by ブクログ

       気が向いたときだけ買っている『NOVA』である。

       1970年代、「SF」といったら「SM」に間違えられて、という自虐ネタがよくあった。
       では、SFとは何か、というのも昔から問われてきた難問であ...

      続きを読む
    • 2014/09/21Posted by ブクログ

      結構面白かった。メタフィクションが多いのは時代の流れか。以下作品毎に記す。
      『社員たち』
      世紀末ものと寓話を掛け合わせて現代への風刺…てな感じでなんとでも言える。感激はしない。
      『忘却の侵略』
      全く新...

      続きを読む
    • 2011/03/05Posted by ブクログ

      一切のハズレなし。
      田中哲弥から飛浩隆までの、特に牧野修から飛浩隆までのニューウェーブSFの並びは単なるアンソロジーとも言い難い、奇妙な連帯感があって面白い。購入目的だった円城塔も、独立した本であれば...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001925793","price":"495"}]

    セーフモード