【最新刊】空にみずうみ

空にみずうみ

1冊

佐伯一麦 著

1,056円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    著者を彷彿させる作家の早瀬と妻の染色作家・柚子、東北地方に暮らす夫婦の、「震災三年後」の一年間を描く。豊かな自然、さまざまな生き物の気配、近所の人々との交流、梅干しを漬けたり草むしりをしたり……という何気ない日々の生活。大きな事件は起こらない。しかし、その「何気ないこと」が続いていく日常の大切さが伝わってくる作品。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/08/31
    連載誌/レーベル
    中公文庫
    出版社
    中央公論新社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/10/11Posted by ブクログ

      著者自身をモデルとする、東北に暮らす作家の早瀬と、その妻で染色作家の柚子の、震災から三年が経った日々の暮らしを綴った作品です。

      植物や野鳥など生活に身近な自然の営みをていねいに観察し、近所に暮らす人...

      続きを読む
    • 2019/03/11Posted by ブクログ

      大震災三年後の東北。移りゆく自然とめぐり来る季節がさりげなく前を向かせてくれる−−。作家の早瀬と染色家の柚子、夫婦のある一年。〈解説〉小山田浩子

    セーフモード