【最新刊】インド倶楽部の謎<事件の幕開け/豪華試し読み50ページ>

国名シリーズ

無料あり

3冊

有栖川有栖

0円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    発売まで待ちきれない!!! 火村&アリスが活躍する待望の<国名シリーズ>最新刊、発売直前企画! 『インド倶楽部の謎』の冒頭、第1章50ページを、なんと一挙無料試し読み! 事件の発端となる第1章「神秘が語られる」では一体なにが……?

    続きを読む
    提供開始日
    2018/08/31
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    3.5
    45
    5
    4
    4
    18
    3
    23
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/11/16Posted by ブクログ

      火村英生と有栖川有栖との出会いの場面があった。
      ドラマも見ました。火村英生の斎藤さんはいいのですが、有栖川有栖の窪田正孝さんはなんかイメージが私の中で違っていてしっくり来ないのです…。

    • 2019/11/15Posted by ブクログ

      〈国名シリーズ〉第10弾、中編3本、短編2本。
      「船長が死んだ夜」は「7人の名探偵」に収録されていたものなので再読。過去の事件に関する調査に訪れていた先で事件に遭遇する。船長と呼ばれていた男が刺殺され...

      続きを読む
    • 2019/11/10Posted by ブクログ

      2019年84冊目。こんなにも早く国名シリーズの新作が読めるとは。「船長が死んだ夜」アンソロジー以来の再読。些細な手掛かりから犯人特定に至るロジックが見事。「カナダ金貨の謎」表題作としては少し弱いかな...

      続きを読む
    開く

    セーフモード