【最新刊】国境ある経済の復活 世界貿易戦争で敗北する中国とドイツ

国境ある経済の復活 世界貿易戦争で敗北する中国とドイツ

1冊

著:藤井厳喜

1,485円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ボーダーレス経済は国家を破壊し、国際的秩序のアナーキー化をもたらしてきた。しかし、アメリカでトランプ政権が誕生したころから、このグローバリズムの悲劇的な潮流を逆転させる動きが勃興してきた。すなわち国家再興運動が世界各国で前進し始めたのである。いま勃発しつつある世界貿易戦争もグローバリズムを推進してきたタックスヘイブン擁護派との戦いの一局面である。いま世界は「国境ある経済」を対立軸とする大転換の時代に突入したのである。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/08/29
    出版社
    徳間書店
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/04/06Posted by ブクログ

      2019/04/03:読了
       ナショナリズムとグローバリズム。
       結局、国をなくすことによって誰が得をし、誰が損をするのかってこと

    セーフモード