【最新刊】青い春を数えて

青い春を数えて

武田綾乃

1,210円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    青春期。部活に進路、友情や恋愛、親への反抗――。数えても数えきれない複雑な思いを、葛藤を抱え、少女たちは大人になっていく。「響け! ユーフォニアム」シリーズ著者、待望の最新刊! “青春”の一言では片づけられない、切実でリアルな思いの数々を、5人の女子校生の視点で描いた珠玉の連作短編集。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/08/30
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2018/10/13Posted by ブクログ

      みずみずしい。各話の登場人物が少しずつずれながらリンクしていくところがうまい。「響ユー」みたいに吹奏楽部の縛りがない分、自由に書けている感じ。まだまだ絡んでいない人が多いので、このワールドの話(続きの...

      続きを読む
    • 2019/09/03Posted by ブクログ

      5章それぞれの好きなセリフです。どんな話だろうか?と興味を持つきっかけになっていただけたら幸いです。

      ・白線と一歩「本当は、自分だけを頼ってくれるなら誰でもいいんだ。他人から求められることで、自尊心...

      続きを読む
    • 2020/07/05Posted by ブクログ

      「漠然と五体」が最高。
      『こういう読みたかった!』に出会えて、するするページをめくっていった。
      jk2人、学校サボって冬の海。たまらん。

    開く
    [{"item_id":"A001925046","price":"1210"}]

    セーフモード