つかのまのこと

つかのまのこと

著者:柴崎友香 モデル:東出昌大

1,650円(税込)
クーポン利用で1,150円獲得へ
11

作家・柴崎友香が俳優・東出昌大をイメージし純文学小説を執筆。さらに、<物語>に合わせ写真家・市橋織江がその世界観を撮り下ろし。作家、俳優、写真家。各界で第一線を走るクリエイター3者が集結し、<一冊>を作り上げた、“新しい純文学”。◎内容紹介「わたしのほうが幽霊である、と気づいたのは、早い時期であったように思う。」かつての住み家であったのであろう、“この家”を彷徨い続ける“わたし”。その理由がわからないままに時は移り変わり、家には次々と新しい住人たちがやってくる。彼らの光景を見守り続ける“わたし”は、ここで、いったい何を、誰を待っているのか――。ラスト、あなたはその<結末>に、きっと涙する。あなたは、大切だったあの人の“顔”を、覚えていますか?

みんなの感想
ジャンル
文芸
出版社
KADOKAWA
提供開始日
2018/08/31

この作品をシェアする

閉じる
開く

クーポン利用で【70%OFF】1,150円(税込)で購入できる! 6回利用可能

値引き額上限に達しています。

初回ログインでもらえる70%OFFクーポン

2024/07/31 23:59 まで有効