理不尽に勝つ

著:平尾誠二

1,200円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    仕事で無茶な要求をされたり、いわれのない責任を押しつけられたりして、理不尽な気持ちを抱いている人は多いかもしれない。神戸製鋼でラグビー日本選手権7連覇を達成し、ラグビー日本代表監督、日本サッカー協会理事を歴任した著者。その陰には、不登校、『スクール・ウォーズ』の舞台ともなった伏見工業高校での他の部員との軋轢、日本代表監督でのプレッシャーなど数々の試練があった。著者は、理不尽な状況に直面した時、どのように乗り越えてきたのだろうか? 内容例を挙げると、◎媚びない、キレない、意地を張らない ◎妥協せず、折り合いをつける ◎「怒らない」と「怒れない」はまったく違う ◎「自分だけ」と思い込むな ◎瞬間瞬間にすべてを賭けてすべてを出し切る 等々 また、著者は「理不尽」を経験するからこそ、人は磨かれ成長する、と言う。そしてリーダーとして選手や部下に「理不尽」を与えるならば、必ず成果に結びつけろ、と言う。ビジネスマン必読。

    続きを読む

    レビュー

    3.9
    11
    5
    3
    4
    5
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/11/02Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/10/12Posted by ブクログ

      2019.10.12
      やっぱりそうよなあ、と思うところがちらほら。企業にいても応用できる考えがたくさん。古臭いと言われる考えもあるかもしれないけど、個人的には共感する部分がたくさんあった。

      媚びない...

      続きを読む
    • 2019/10/08Posted by ブクログ

      NHKニュースで話題『理不尽に勝つ』
      ミスターラグビーこと、故・平尾誠二さんが、
      日本人が失った戦闘意欲を養う方法を教えくれる一冊です!

    開く

    セーフモード