甲子園という病(新潮新書)

氏原英明

777円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    甲子園はいつもドラマに事欠かないが、背後の「不都合な真実」に光が当たることは少ない。本来高校野球は「部活」であり「教育の一環」である。勝利至上主義の指導者が、絶対服従を要求して「考えない選手」を量産したり、肩や肘を壊してもエースに投げさせたりするシステムは根本的に間違っている。監督・選手に徹底取材。甲子園の魅力と魔力を知り尽くしたジャーナリストによる「甲子園改革」の提言。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード