【最新刊】デス・バイ・アマゾン テクノロジーが変える流通の未来

デス・バイ・アマゾン テクノロジーが変える流通の未来
1冊

著:城田真琴

1,728円(税込)
ポイント 17pt

通常ポイント:17pt

「デス・バイ・アマゾン(アマゾン恐怖銘柄指数=アマゾンの台頭で窮地に陥るであろう企業の株価を指数化したもの)」という指数の存在に象徴されるように、アマゾンの躍進で大打撃を受ける企業が流通・小売業を中心に増え続けている。しかし、彼らもアマゾンに飲み込まれるのを指をくわえて見ているだけではない。生き残りをかけて、対抗策を講じる企業も次々と現れている。本書は、躍進を続けるアマゾンとそれに抵抗しようとする企業の動向を解説しながら、流通・小売業の将来像を描く。本書では、リアル店舗の技術革新、ボイスコマースで急速に変化するオムニチャネル、「宅配クライシス」でますます激化するラストマイルの争い、「プライム」とそれに対抗するサブスクリプションサービス、という4つの視点で今後の動向を読み解いていく。先端テクノロジーを活用するケースがほとんどで、日本では知られていない海外スタートアップの事例も多数登場する。流通・小売業関係者はもちろん、IT・スタートアップに関心のあるビジネスパーソンにも読んでほしい1冊だ。

続きを読む

レビュー

3.6
8
5
2
4
1
3
5
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/03/26Posted by ブクログ

    面白かった。著者はシンクタンクの研究員ということで、着眼点が良く考察が鋭いなと思った。恐ろしさ半分この先のAmazonの展開が大変気になる。

  • 2019/03/24Posted by ブクログ

    amazonの何がすごいって、とにかくたくさん新しいビジネスモデルを出せるとこ。あたりはずれ関係なく。awsを筆頭に寡占ビジネスで潤沢な収益が確保できてるから。物流の赤字が毎年増えても問題ない。市場地...

    続きを読む
  • 2019/02/24Posted by ブクログ

    買い物はほとんどamazon。アマゾンに殺されない戦略としては商品力、カスタマイズ、サービスが挙げられる。個人的には、それらもよっぽどじゃないと認知されないと思われる。amazonプラットフォーム上で...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード