【最新刊】50歳すぎたら「まあ、いいか」「それがどうした」「人それぞれ」でいこう

50歳すぎたら「まあ、いいか」「それがどうした」「人それぞれ」でいこう

著:弘兼憲史

1,089円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人生を面白くするのも、つまらなくするのも、結局自分だ! 50歳を過ぎてからはとくに、面白がったもん勝ち、楽しんだもん勝ち。発想の転換で面白く生きる、弘兼流ヒントが盛りだくさん。【もくじ】第1章 人生はプラス思考で楽しく生きたもん勝ち●人生を面白くするのも、つまらなくするのも自分次第●どんな小さなことでも楽しみをもっている人間は強い ほか第2章 「人は人、自分は自分」で生きる●夫婦といっても別々の人間、拘束してはダメ●人にまかせたら七割でよし、とする度量をもつ ほか第3章 人間関係、仕事のなかに大切な「学び」がある●身もふたもロマンもないが、昇進の半分以上は運●小さな締め切りをいくつもつくる ほか第4章 さらに人生を面白くする新しい老いのデザイン●第二の人生の準備を始めるなら、休日をうまく使う●娘の自立はやせ我慢してでも見守る ほか

    続きを読む
    提供開始日
    2018/08/22
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    レビューコメント(1件)
    • 50歳すぎたら「ま...
      2018/09/30

      夫が最近、島耕作にはまり…
      課長だけでなく、社長も会長も、学生編などなど…全巻大人買い。私も一緒に読む。

      ついでに、これも購入したので読む。
      夫の理想とする生き方が、弘兼憲史さんのようです。

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード