【最新刊】また、同じ夢を見ていた

また、同じ夢を見ていた

住野よる

722円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    250万部を超える大ベストセラー青春小説「君の膵臓をたべたい」。その著者、住野よるの第二作目が、待望の文庫化。友達のいない少女、リストカットを繰り返す女子高生、アバズレと罵られる女性、一人静かに余生をおくる老女。彼女たちの“幸せ”は、どこにあるのか。「やり直したい」ことがある、“今”がうまくいかない全ての人たちに贈る物語。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/08/17
    連載誌/レーベル
    双葉文庫
    出版社
    双葉社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2019/01/27Posted by ブクログ

      あなたにとって「幸せ」とは?

      私。小柳奈ノ花。自分で言うのもなんなんだけどかしこい小学生なの。
      大好きなひとみ先生はクラスの皆に宿題を出したわ。
      あなたにとって「幸せ」とは?
      その答えをクラスの友だ...

      続きを読む
    • 2019/12/18Posted by ブクログ

      アバズレさんが奈ノ花の名を呼ぶ場面、おばあちゃんが、きっと今日で最後だからとつぶやく場面。南さんも含めて、友達のいない奈ノ花に親しく接してくれた人々、そんな人たちがいなくなるそれぞれの最後の場面。本当...

      続きを読む
    • 2019/06/02Posted by ブクログ

      人生とは、
      幸せとは、
      そういったことを考えさせられるお話でした。

      主人公の奈ノ花は、
      「人生とは、〜〜〜なものね。」
      と他のもので人生を例え、謎かけのような口調が特徴的でした。謎かけをしながら本当...

      続きを読む
    開く

    セーフモード