【最新刊】核心のイメージがわかる!動詞キャラ図鑑

核心のイメージがわかる!動詞キャラ図鑑

著:関正生 著:煙草谷大地

1,320円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。英語の前置詞をまさかのキャラクター化した第1弾に続き、本書は不可能とも思える“動詞”をキャラにしました。全部で33の動詞キャラたちが、全身全霊で核心のイメージを伝えてくれます。キャラクターたちの活躍だけでなく、しっかりした例文&解説で、どんどん読み進められる1冊。listenとhearの使い分けなど、それぞれのキャラたちが浮かぶので、いままでイメージをつかみきれなかった人にも、手にとって欲しい本です。

    続きを読む
    ページ数
    162ページ
    提供開始日
    2018/08/17

    レビュー

    レビューコメント(2件)
    • 核心のイメージが...
      2020/02/20

      いわゆるお勉強の英語ではなく、ネイティブがよく使う一般的な動詞のイメージについての説明

      goとcomeの違いや、see,look,watchのイメージの違いにより、どう使い分けられているかが分かるよ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 核心のイメージが...
      2019/10/29

       英会話で「I‘m coming」を聞いて「I’m going」じゃないのかなぁと思いましたが本書での「中心に向かっていく」「中心から離れていく」という説明でスッキリ。comeとgoという単語を見ると...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード