【完結済み】恋人は、一人のはずですが。【SS付き電子限定版】

恋人は、一人のはずですが。

完結

楠田雅紀 イラスト:麻々原絵里依

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

【電子限定版】書き下ろし番外編「ベッドでは、二人だけのはずですが。」収録。●小説投稿サイトで、稀有な才能を持つ作家を発見!! 見つけたのは、文芸誌の編集者・森藤東護(もりふじとうご)。この作者にもっと書かせたい――惚れ込む東護だが、著者のマサトは、心温まる作風とは違い横柄な態度で書く予定はないと告げる。どうにか口説き執筆を約束させるが、その直後、なぜか大ベストセラー作家・柳瀬優(やなせゆう)から担当編集の指名が!! 戸惑いつつ柳瀬を訪ねるが、その顔はマサトと瓜二つで!? ※口絵・イラスト収録あり

続きを読む

本作品には、一部過激な表現・描写が含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

提供開始日
2018/08/10
連載誌/レーベル
キャラ文庫

レビュー

  • null巻
    ネタバレ
    2019/06/05Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • null巻
    ネタバレ
    2018/08/02Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • null巻2020/03/18Posted by ブクログ

    何度断られても、次の本を書いてもらおうと頑張る東護。逆境の中でも、マサトのため、新しい本のために頑張る東護を応援したくなる。東護が本が大好きなのは勿論だけど、マサトや優も表現の場としての本を大切にして...

    続きを読む
開く

セーフモード