八丁堀の忍

倉阪鬼一郎

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    忍びが牙を抜かれた文政の世に、伊賀の山中に、わらべの頃から人体兵器として養成する裏伊賀の集団があった。十五の若者・鬼市は、決死の思いで抜け忍となり江戸に出る。執拗な追っ手に追われ、鬼市は隠密廻り同心・城田新兵衛に出会い、その腕を見込まれ、同心屋敷にかくまわれた。はじめて人の優しさに触れた鬼市。義賊として生きようとしていた裏伊賀の若者が、江戸の闇を守る。活劇と人情の忍び物語。新シリーズ、開始!

    続きを読む
    • 八丁堀の忍 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      八丁堀の忍 全 4 巻

      3,080円(税込)
      30pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(4件)
    • 2018/09/07

      率直に言って、最近の倉阪鬼一郎さんの作品にはキレを感じなくなっていました。「八丁堀の忍」(2018.8)、宇良伊賀の忍者として修業中、同僚を殺してまでの修業に嫌気がさし、抜け忍となった鬼市15歳の物語...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2019/12/07

      倉阪鬼一郎 著「遥かなる故郷」、八丁堀の忍シリーズ№3、2019.11発行。川越藩の大奥への陰湿な根回しで荘内藩は長岡藩への領地替えを。荘内義民一同の願いを受けて忍(しのび)は「忍訴」を仙台藩主伊達斉...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2021/01/09

      少年忍者ものとして大変に楽しめました。(^^
      世間知らずが都会に出てきてのちょっとしたトラブルとか、何かとフォーマットに沿っているという印象も強いのですが。
      忍者の里を抜けて江戸に着くまでが大半なので...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード