【最新刊】八丁堀の忍(四) 隻腕の抜け忍

八丁堀の忍

倉阪鬼一郎

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ついに黒幕・鳥居耀蔵の姿を捉えた鬼市たち。裏伊賀から抜けてきた鬼市を救ってくれた、同心・城田新兵衛は、鳥居に仕えることを拒否し、若隠居を申し出る。着々と裏伊賀を叩き潰す計画を練る鬼市たちだったが、高尾の南が率いる彼らに立ち向かうにはあまりにも弱すぎた。そんな彼らのもとに、左腕に大怪我を負った忍が現れる。裏伊賀を抜けてきたその隻腕の忍びは、「風」と名乗った――。高尾の南が操る新たな刺客も登場!大波乱のシリーズ第4弾!

    続きを読む
    提供開始日
    2020/09/15
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    • 八丁堀の忍 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      八丁堀の忍 全 4 巻

      3,080円(税込)
      30pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(4件)
    • 八丁堀の忍
      2018/09/07

      率直に言って、最近の倉阪鬼一郎さんの作品にはキレを感じなくなっていました。「八丁堀の忍」(2018.8)、宇良伊賀の忍者として修業中、同僚を殺してまでの修業に嫌気がさし、抜け忍となった鬼市15歳の物語...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2019/12/07

      倉阪鬼一郎 著「遥かなる故郷」、八丁堀の忍シリーズ№3、2019.11発行。川越藩の大奥への陰湿な根回しで荘内藩は長岡藩への領地替えを。荘内義民一同の願いを受けて忍(しのび)は「忍訴」を仙台藩主伊達斉...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 八丁堀の忍
      2021/01/09

      少年忍者ものとして大変に楽しめました。(^^
      世間知らずが都会に出てきてのちょっとしたトラブルとか、何かとフォーマットに沿っているという印象も強いのですが。
      忍者の里を抜けて江戸に着くまでが大半なので...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード