新九郎、奔る! 5巻

ゆうきまさみ

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

窮地に次ぐ窮地! 新九郎に“落馬”の危機! 領地・荏原での生活にも慣れ、領主名代として、存在感を増し始める新九郎。しかし、それを快く思わない伯父・珠厳は、新九郎を亡き者にしようと、自邸の酒宴での暗殺を企む。一方、京では父・盛定が 将軍・義政の怒りをかい“無役”に――― 荏原でも、京でも、窮地の連続の伊勢家親子だが…… 新九郎、盛定、共に人生から“落馬”待ったなし!? 伊勢家の今後を左右する、事態急変の第5集!

続きを読む
  • 新九郎、奔る! 全 6 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    新九郎、奔る! 全 6 巻

    3,960円(税込)
    39pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2020/10/14Posted by ブクログ

    始めは、全然面白くないと思っていたが、前巻ぐらいから面白くなり始め、今回はかなり面白い。
    都=中央と領国=地方の、それぞれの力学と関わり合いの中で、戦国に向かって行こうとする動きが感んじられる。
    今ま...

    続きを読む
  • 2020/10/19Posted by ブクログ

    前巻からの荏原での謀略は意外な決着をみせるが、今度は貞親の失脚にともない父、貞親も巻き添えで、新九郎が家督を継ぐことに。派手な場面はないけれど、複雑な関係が絡み合う中で物事がどんどん動いていくこの感覚...

    続きを読む
  • 2020/10/18Posted by ブクログ

     5巻なのので基本構造は割愛。

     歴史モノなので内容を語ってもあまりネタバレにはならないわけだが・・・。
     新九郎が家督を継ぐあたり。
     早雲の小説は何冊か読んだ気がするが、この辺りの事は書かれてい...

    続きを読む
開く

セーフモード