旅のラゴス(新潮文庫)

筒井康隆

572円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    北から南へ、そして南から北へ。突然高度な文明を失った代償として、人びとが超能力を獲得しだした「この世界」で、ひたすら旅を続ける男ラゴス。集団転移、壁抜けなどの体験を繰り返し、二度も奴隷の身に落とされながら、生涯をかけて旅をするラゴスの目的は何か? 異空間と異時間がクロスする不思議な物語世界に人間の一生と文明の消長をかっちりと構築した爽快な連作長編。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/03/21Posted by ブクログ

      旅先で何かしらの出来事に遭遇するラゴス。物語的には面白かった。でも、漢字が難しかくて何回も調べながら読んだり、登場人物が多くてややこしくなったりした時もあった。

    • 2020/03/18Posted by ブクログ

      まさにそのタイトルの通り。
      ラゴスは日々粛々と旅を続ける。
      旅の日々、人々との出会い、その積み重ねがラゴスの日常であり、人生そのものとなる。

      出会う土地や人々によって、様々な生き方を迫られ、命も危う...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2020/03/17Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード