【最新刊】テンプル騎士団

テンプル騎士団

佐藤賢一

891円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    12世紀初頭に誕生した「テンプル騎士団」は、もともとエルサレム巡礼に向かう人々の保護のために設立された。しかしその後、軍事力、政治力、経済力すべてを持ち合わせた超国家組織に変貌を遂げる。彼らは、後世に影響を与えた数々の画期的な制度(管区、支部といった巨大ネットワークを張り巡らせる組織作り、指揮命令系統の明確な自前の常備軍、銀行業の始まりともいわれる財務管理システムなど)を形成した。西洋歴史小説の第一人者が、その成立過程から悲劇的結末までの200年にわたる興亡を鮮やかに描き出す。 【目次】はじめに/第一部 テンプル騎士団事件――前編/第二部 テンプル騎士団とは何か/第三部 テンプル騎士団事件――後編/おわりに/参考文献

    続きを読む
    提供開始日
    2018/08/10
    連載誌/レーベル
    集英社新書

    レビュー

    • 2019/01/11Posted by ブクログ

      とにかく読み易い。
      現代でいうところの、
      「国家の枠を超えた、巨大企業の物語」
      なんだなーと、読んでいて感じました。
      amazonやgoogle、Appleの様な。
      国という枠組みから外れた活動集団の...

      続きを読む
    • 2018/08/02Posted by ブクログ

      文句なしの☆5つ評価。
      とにかく面白く・読みやすく・ためになる。
      新書本の見本のような一冊かと。
      この一冊でテンプル騎士団の概要が分かる。

      数年前にマルタ島へ旅行した時に、「ヨハネ騎士団は
      形式上残...

      続きを読む
    • 2018/11/23Posted by ブクログ

       長く疑問であったのが、何故テンプル騎士団はフィリップ4世に潰されたのか?わざわざフランスという大国が潰す必要があるものなのか?だった。
       その疑問もこの本で納得した。理由は、テンプル騎士団=中世の銀...

      続きを読む
    開く

    セーフモード