【最新刊】いじめを生む教室 子どもを守るために知っておきたいデータと知識

いじめを生む教室 子どもを守るために知っておきたいデータと知識

1冊

著:荻上チキ

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「いじめ問題」を解決するために必要な知識とは何か。連日のように悲惨なニュースが報じられ、そのたびに多くの議論が交わされるが、その中には具体的な根拠に欠ける当てずっぽうな「俗流いじめ論」も少なくないと著者はいう。一方で、メディアには取り上げられずとも、いじめが社会問題化して以来30年以上にわたり、日本でも世界でも数々の研究が行なわれ、多くの社会理論が磨かれてきた。本書では、そうした数多くの研究データを一挙に紹介しつつ、本当に有効ないじめ対策とは何かを議論する。いじめ議論を一歩先に進めるために、必読の一冊。 〈目次〉●はじめに ●第1章 これでいいのか、日本のいじめ議論 ●第2章 データで読み解くいじめの傾向 ●第3章 大津市の大規模調査からわかったこと ●第4章 「不機嫌な教室」と「ご機嫌な教室」 ●第5章 理論で読み解くいじめの構造 ●第6章 「ブラック校則」調査から見えたこと ●第7章 ハイリスク層へのサポート ●第8章 メディアが飛びつくネットいじめ ●第9章 教員の課題と「いじめ防止法」 ●第10章 大人に求められること ●おわりに

    続きを読む
    提供開始日
    2018/08/03
    連載誌/レーベル
    PHP新書

    レビュー

    4
    14
    5
    5
    4
    6
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/11/06Posted by ブクログ

      感情論ではなくデータに基づいて著者の意見も織り込みつつ冷静に、いじめの実態、様々な取り組みが記述されている。

      子育てをする親は一度読んでおくべき本と思う。自分の子どもがいじめの被害者、加害者にもなり...

      続きを読む
    • 2019/09/09Posted by ブクログ

      教師目線で読ませてもらった。やはり教師の力量ももちろん必要だが、それ以上にマンパワーが必要であることが明らかである。教師自身がストレスにさらされているこの頃では、普通ならきつく言わないこともつい声を荒...

      続きを読む
    • 2019/06/04Posted by ブクログ

      読了。いじめの本は何冊か読んできたが、一番前向きな本だった。いじめは、自分がされても嫌であるが、自分の子供(保育園児のとき)が受けていることを知って、何もできなかったもどかしさ、無力感は忘れられない。

    開く

    セーフモード