国境の南、太陽の西

村上春樹

583円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    あの日なら、僕はすべてを捨ててしまうことができた。仕事も家庭も金も、何もかもをあっさりと捨ててしまえた。――ジャズを流す上品なバーを経営し、妻と二人の娘に囲まれ幸せな生活を送っていた僕の前に、十二歳の頃ひそやかに心を通い合わせた同級生の女性が現れた。会うごとに僕は、謎めいた彼女に強く惹かれていって――。日常に潜む不安と欠落、喪失そして再生を描く、心震える長編小説。

    続きを読む

    レビュー

    • 2010/01/31Posted by ブクログ

      国境の南、太陽の西。



      そこには一体何があるのだろう

      本のタイトルにもなっているこの記述の意味するものは何か・・・とひたすら読み進めていった

      「国境の南」とはナットキングコールの歌曲で...

      続きを読む
    • 2011/09/25Posted by ブクログ

      今まで読んできた村上作品と、一読して匂いというか、手触りというか、非常に感覚的な部分だけれども、その「何か」が「違うな」と思ったのが一番大きかったです。
      タイトルをワタシなりに意訳すると、「ここではな...

      続きを読む
    • 2011/02/12Posted by ブクログ

      「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」や「ねじまき鳥クロニクル」において、その主題とは離れるけれど、確かに魅力的な要素があって、見方によっては、それが作品の根幹(世界観や雰囲気といったもの)を...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001914040","price":"583"}]

    セーフモード